あしたのかぜ

座右の銘 「明日は明日の風が吹く」

岡豊城跡「望櫓」

2/21 曇り
P3140494.jpg P3140495.jpg
 朝、雲間から弱い陽が射すも終日雲っていました。
P3140495.jpg P3140499.jpg
 まあしかし、さほど寒くはなかったですね。
画像 4847
 朝から父に付き添って医大へ
画像 4835 画像 4837
 昼食抜きで午後2時過ぎまでかかりました。
画像 4851 画像 4852
 診察を終えて近くの県立歴史民俗資料館へ
画像 4861 画像 4862
 ここには久しく来てなかったですね。
画像 4863 画像 4864
 十数年ぶり・・20年近いですね。
画像 4865 画像 4866
 今回来たのは「南国市岡豊町の国史跡・岡豊城跡に期間
限定で設置され、行楽客らの人気を集めてきた展望所「望櫓
(のぞみやぐら)」の公開が24日終了する。」との地元紙
の記事を見て、解体される前に見ておかねばと・・。
画像 4889 画像 4868 
 「さよなら」は又会うまでの遠い約束・・・なんて歌詞もあったけど、
寂しさが募りますね。
画像 4872画像 4873
 中世山城を模し、香長平野を見下ろす「長宗我部元親の目線」が
体験できるとあって、これまで1万7千人以上が訪れ、爽快な眺望
を楽しんでいる。」そうです。
画像 4882
 この日も平日にも関わらず、立ち代り入れ替わり見に来て
居ました。
画像 4923 画像 4924
 鉄パイプを組んだだけの櫓なんですが、松山城の野原櫓
(慶長年間)を参考にしただけあって、黒く塗られた外観は
往時を偲ばせるものがあります。
画像 4915 画像 4920
画像 4926
 城跡に立って腕を組み下界を見渡すと殿様気分に浸れます。
画像 4946
 岡豊城の歴史の証もあちこちに残っています。
画像 4938
画像 4904 画像 4908
 桜が咲く頃はまた人出もあり賑わうことでしょう。
画像 4954 画像 4960
 帰り道、移築した古民家があったので覗いてみました。
画像 4959 画像 4956
 床の間、奥の間、囲炉裏の居間、台所の土間に梶蒸しが鎮座
しているのは初めて見ました。
画像 4965 画像 4963
 県内では茅葺家は見られなくなりましたが、隣の愛媛県の
山中に行けば茅葺をトタンで覆った民家がまだ見られます。
画像 4968 画像 4971
 近所にも藁葺家があり子供の頃にタイムスリップした様でした。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 |
<<龍河洞 | HOME | タイトルなし>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |